解体工事や防火対象点検の重要性を知る|リンリン利用術

interior design

防火対象を管理する

防火対象物定期点検制度とは

good house

映画館やホテル、病院などの一定の防火対象物の管理をするときは、きちんと点検し報告する義務があります。管理をしている権原者は、防火対象物点検資格者に依頼し防火管理をする上で必要な業務などについて点検させます。そして、その結果を消防長または消防署長に報告するのです。この防火対象物点検は一年ごとに行われます。点検を行った防火対象物が、基準を満たしている場合は、防火基準点検済証という点検済の表示を付けることができます。 防火対象物点検の項目として、防火管理者を選任しているかや消防・避難訓練などを実施しているかがあります。また、階段に避難の障害となるものが置かれていないか、カーテンなどに防炎性能の表示が付けられているかの点検もします。

防火対象物点検の特例認定

防火対象物点検の結果、一定期間継続して消防法令を遵守し優良な管理建物だと認められた場合、防火優良認定証が表示できます。それとともに、防火対象物点検・報告の義務が3年間免除されるのです。 特例認定の要件として、管理を始めてから3年以上経過していること、過去3年以内に消防法令違反をしていないかがあります。また、防火管理者の選任と消防計画の届け出がされていることも要件になります。その他、消防訓練や避難訓練を2回以上実施し、前もって消防機関に通報していなければいけません。 3年経過して失効する前に、新たに認定を受ければ特例認定を継続することができます。 表示は見やすいところに付けることにより、利用者に法令遵守していることを提示するものなのです。

Copyright © 2015 解体工事や防火対象点検の重要性を知る|リンリン利用術 All Rights Reserved.